スルスル酵素 落とし穴

スルスル酵素は授乳中でも安心して飲めるの?

出産後の授乳の時期は、赤ちゃんへの影響を考えるとママが口にするものには気を使いたいですよね?

 

ましてやサプリメントは、いくら栄養補助食品だからと言っても一般の食べ物とは違うわけだし、飲む場合はそれなりに神経を使いたくなるものです。

 

では、スルスル酵素は授乳中に飲んでも大丈夫なのでしょうか?

 

授乳中だからこそ、酵素が必要

 

実は、授乳中であるからこそ酵素を摂るべきと言われています。

 

酵素は授乳中のママの母乳の出を良くしてくる働きがあります。

 

また、スルスル酵素に含まれる80種類の野菜発酵エキスたっぷりの栄養素が、母乳をとおして赤ちゃんの体にも行き渡り、免疫力を高めて丈夫な体を育んでくれます。

 

さらには酵素が含まれているため消化もよく、赤ちゃんの体の負担を和らげてくれる効果もあります。

 

安心の植物性原料のみを使用

 

スルスル酵素は栄養管理士さんの監修のもと考案された酵素サプリで、原料には動物性のものは一切含まれておらず、すべて植物性の原料が使われています。

 

スルスル酵素は「小麦ふすま」、別名小麦ブランと呼ばれる、たっぷりの栄養素が凝縮された小麦の殻の部分を原料として作られています。

 

小麦ブランは朝食によく食べられるシリアルの原料としても有名で、美や健康にこだわりのある方々の間では注目の食材なのです。

 

それら小麦ふすま由来の5つの酵素に加えて、EC-12菌という乳酸菌が500億個も配合されているので、ママの体はもちろん、母乳を飲む赤ちゃんも元気いっぱい生き生きとしたお子さんへと成長していってくれるんですね。

 

産後のスムーズな体重減をサポート

 

さらにママには嬉しいことに、妊娠中はもちろん、痩せにくい産後の授乳期をサポートしてくれます。

 

妊娠中は1週間に1キロくらいのペースで体重が増えていくと言われてますし、授乳中はとにかくお腹が空いてたくさん食べてしまいます。

 

しかしママは自分の体だけでなく、赤ちゃんにもたっぷりの栄養と愛情を与えてあげなければいけないので、しっかり食べなくてはいけません。

 

この時期に、太りすぎるのが嫌だからと、ファスティングのような食事制限ダイエットをするのはおすすめできません。

 

食事制限は摂取カロリーを減らすということなので、ママの体にも赤ちゃんにも悪影響を及ぼすだけですからね。

 

でも、産後、卒乳後の体重のことを考えるとあまり増やしたくはないのも本音ですよね?

 

だからこそ、食べながらでも体重が増えすぎず、元の体型にすんなりと戻したいと考えてるママには、スルスル酵素はピッタリなんです。

 

栄養満点の母乳を赤ちゃんに与えてあげながらも、スルスル酵素で代謝力をアップさせて、卒乳後はすんなりと元の体型に戻してあげてくださいね。

 

⇒授乳中の栄養管理・体重管理におすすめ♪