スルスル酵素 落とし穴

危険な酵素ダイエットもあるの?!注意すべきポイントとは?

体に不足している酵素を補い、燃焼しやすい体を作り、代謝をアップさせることによって健康的に痩せるダイエット、それこそが酵素ダイエットです。

 

その代表的な方法には「置き換えダイエット」と「ファスティング(プチ断食)」があります。

 

「置き換えダイエット」では、1日1食を酵素ドリンクにして、後の2食は通常の食事をとるため、酵素を補いつつ、摂取カロリーを減らし、無理なく徐々に体重を落としていくことができます。

 

一方、「ファスティング」は1日から3日間ほど、固形物を一切摂らず、酵素ドリンクと水のみで過ごすというやり方。

 

摂取カロリーが大幅にダウンするので、効果がすぐに実感できやすい方法になっています。

 

正しく行えば体に負担がなく痩せることができる酵素ダイエットですが、実は危険性を指摘する声もあるのをご存知ですか?

 

酵素ダイエットでは、この「正しく行う」ということが大切になってきます。

 

効果を焦るあまり、無謀な方法をとってしまうと、安全であると言われている酵素ダイエットであっても、体に悪影響があることもありえるのです。

 

「ファスティング」を取り入れるときには、特に慎重に取り組む必要があります。

 

初めて挑戦する時には、前日から食事を軽めにするなどの準備を入念にし、期間は1日だけにしましょう。そして翌日は回復食を心がけます。

 

回復食では、ごく薄い重湯から、徐々に普通の食事に戻していきましょう。

 

ファスティングの後は、空腹のためつい食べ過ぎてしまいがちですが、丸一日休息をとっていた胃にとって、常食を突然摂るのは大きな負担となります。

 

内蔵にストレスがかかって胃腸を壊してしまいかねないのです。

 

そのため、食事を「だんだん通常のものにしていく」ことは重要なポイントです。

 

それから、ファスティング中に万が一調子が悪くなってしまった場合には、我慢したりせずに、そこでストップしましょう。

 

そして、次回のファスティングを実行するまでには、1ヶ月以上の期間を空けることもポイントです。

 

健康的に痩せるためには、体をいたわりながら実践することが成功のポイントであると覚えておいてくださいね。