スルスル酵素 落とし穴

下痢の副作用があるって本当?

スルスル酵素は酵素のパワーでお腹が快調、スッキリできると評判ですが、試された方の中には「下痢になった」とい方もおられるようなので、これから試そうと思ってる方は気になりますよね?

 

スルスル酵素は本当に下痢になったりするんでしょうか?

 

まず大前提として、スルスル酵素は薬のような医薬品ではなく、サプリメントなので副作用の心配はありません。

 

ですので、スルスル酵素に含まれる成分の影響で下痢が引き起こされるいうことはありません。

 

とは言え、口コミで下痢の訴えをされている方も実際にいるわけで、やっぱりそこはハッキリと原因を知りたいですよね?

 

下痢の症状の原因と考えられるの2つです。

 

酵素と乳酸菌のパワーによるもの

 

原因の一つ目、

 

スルスル酵素に含まれる成分は、酵素のみならず乳酸菌と野草エキスも配合されています。

 

そのため、腸内の善玉菌をコントロールして環境を整え、腸の運動を活発化してくれる作用があります。

 

なので、そもそも特に便秘気味でもなく、普段スムーズな方が飲むと腸内活動が活発になりすぎることがあります。

 

これが下痢の症状を引き起こしていると考えられますが、スルスル酵素の成分はすべて植物由来の小麦胚芽ですし、それ以外だと乳酸菌や野草エキスなどです。

 

だから、薬の副作用的な下痢というわけではないのです。

 

ただし、あまりにお腹が痛かったりが続くようなら、量を減らすか一旦飲むのを中止して様子を見てくださいね。

 

健康体への過渡期である好転反応の影響

 

原因の2つ目、

 

スルスル酵素を飲み続けることによって、体内に蓄積した毒素や老廃物が徐々に押し出されていきます。

 

その際に、体が毒素に反応して不快な症状が現れることがありますが、それを「好転反応」と呼びます。

 

不快な症状としては、肌荒れ、ニキビ、胃痛、発熱などさまざまで、その人の体のもともと不調な箇所に現れます。

 

胃腸がもともと弱い方などが、下痢の症状を引き起こすのも好転反応のひとつです。

 

ですが、好転反応は体から余計なものが排出されている証拠なので、むしろ喜ばしいことです。

 

蓄積された量が多い人ほど好転反応が顕著に出やすくなります。

 

好転反応も健康体への兆しですから上手く付き合っていきましょう。

 

人によって好転反応の期間はさまざまですが、1〜2週間くらいで症状が落ち着くことが多いようです。

 

もしそれでも下痢など不快な症状がおさまらないようなら、飲むのを中止して医師に相談してみてくださいね。

 

⇒スルスル酵素を詳しく知りたい方はこちら